全身脱毛で対応可能な部位

肌を見せる洋服を着ることが多い季節になると、いろいろな部分のムダ毛が目につき、全身脱毛を考える人も増えるのではないでしょうか。自己処理では肌にダメージを与えてしまうし、何よりも毎日の処理となると手間と時間が掛かりとても大変です。その上、肝心な毛母細胞という毛を作り出す部分の処理までは出来ずに残ってしまうので、またすぐに毛が生えてくるのですから…。それなら、脱毛サロンへ行って全身脱毛をしよう!とお考えの方へ、全身脱毛についての基礎を説明します。まず初めに、一概に全身脱毛と言っても本当に全身を脱毛できるわけではありませんのでご注意ください。対応できる箇所は限定されています。施術可能な対応部位としては、両ワキ・両ヒジ下・両ヒザ下・顔・背中・へそ周り・乳輪周り・ヒップ周り・ビキニライン・両足の甲や指…等々実にたくさんあります。でも、脱毛サロンによっては脱毛できない部位もあるので、自分の脱毛したい部位が脱毛可能かどうかを必ず確認して下さい。医療機関のみで使用されている「医療レーザー脱毛法」は、出力の高いレーザーを使用しているので、一度のレーザー照射でも大きなダメージを毛母細胞に与えてくれます。個人差があるものの早ければ何度か通院しただけで、ほぼ完ぺきに脱毛できることもあります。主にエステサロンで使用されている「フラッシュ脱毛法」は美容機器のため、出力は抑えられています。脱毛を終えるまでに通院する回数も、医療レーザー脱毛法より必要となるでしょう。

Comments are closed.